音楽を聞きたいときにはCDを買っています

音楽を聞きたいときにはCDを買っています

音楽では好きなアーティストの曲を聴く

毎年のように新しい曲が出されていきます。これだけ沢山の曲があるのですから曲調がダブったりしないのか心配になることがあります。他人の曲を聴いていいと思えばそれが自分の作曲などに影響するのではと思うのですが、それは素人の考え方になるのでしょう。プロの場合はいい曲はいい曲として置いておき、自分のスタイルの曲を作曲したり作詞することになります。作詞家でも、女性が男性の様な、男性が女性のような詩を書くこともあります。

音楽においては、好きなアーティストの曲を聴くことが多くなります。同じアーティストの場合、曲調の雰囲気などが自分に合うことが多いです。ですから心地よさを感じるのでしょう。作詞作曲が変わっても、その歌手のイメージで作成されているので違う曲でも同じようにいい曲のように聴くことができます。自然にその人の新曲を聴いていることがあります。ただし常に同じアーティストにこだわるわけではありません。変化もあります。

アーティストでも一定の変化が出てくることがあります。そのためにこの曲を境に少し合わなくなる、合うと感じることが出てきます。あわなくてもしばらく聴いているのですが、そのうち離れて別のアーティストに乗り換えることがあります。

新着おすすめ